堺市の不動産|MYplace株式会社 > MYplace株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 課税されないケースも!不動産売却における消費税について解説

課税されないケースも!不動産売却における消費税について解説

≪ 前へ|不動産売却をするときに必要な仲介手数料について   記事一覧   不動産におけるリノベーションの意味やメリットを知ろう!|次へ ≫
カテゴリ:◇税金・相続・空家◇

不動産売却における消費税の課税・非課税対象について

土地や建物を売りたいと考えているのなら、税金についても考えなくてはなりません。
土地や建物などの物件を手放すときには、いくつかの税金が発生するからです。
本記事では、不動産売却において消費税が課税されるケースと、課税されない場合について解説します。
あわせて、売買時における注意点もお伝えしましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却における消費税の課税対象になるのは?

基本的に、個人で土地や建物などを売るケースでは、課税の対象になりません。
一方、法人が事業として建物の売買をおこなうときには、課税されてしまいます。
個人で取引する場合には、土地と建物どちらであっても、課税されないので安心してください。
ただ、個人でも課税されてしまうケースがあるため、注意が必要です。
たとえば、販売を依頼した業者が課税事業者であった場合、仲介手数料は課税されてしまいます。
また、金融機関から受けた融資の一括繰り上げ返済手数料や、司法書士に抵当権抹消登記を依頼した費用なども課税の対象です。

不動産売却における消費税の非課税対象は?

先述したとおり、個人で不動産売却をするケースでは課税の対象になりません。
事業を営む法人が建物を販売した場合には、課税の対象になってしまいますが、これにも例外があります。
実は、事業を営む法人であっても、土地の取引においては消費税が課税されないのです。
譲渡だけでなく、貸付においても土地には課税されません。

不動産売却における消費税の計算方法や注意点

土地には課税されないとお話ししましたが、駐車場のように収益を生みだす資産として活用しているケースでは例外です。
このケースでは、非課税対象にはならないため注意しましょう。
計算方法ですが、土地が3,000万円で建物が2,000万円だった場合には、2,000万円×10%で2,200万円となります。
この場合は、非課税対象の土地と課税される建物とで、計5,200万円となるのです。
注意点としては、先述したように土地を収益物件として使用しているのなら、個人の取引でも課税の対象になってしまいます。
詳しくは、信頼できる専門業者へ相談し、そのうえで手放すことを検討しましょう。

まとめ

不動産物件の取引は、大きな金額になることが一般的です。
そのため、必然的に税金も高くなってしまい、あとから驚いてしまうケースも珍しくありません。
それらのことで、損をしないように必要最低限の知識を身につけておくことが重要になってきます。


私たちMYplace株式会社は、堺市西区のを不動産を数多く取り扱っております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。


堺市西区でマンション購入を検討されている方はコチラ✨↓


堺市西区で戸建購入を検討されている方はコチラ✨↓


堺市西区で土地購入を検討されている方はコチラ✨↓


〇家を売るときはMYplace(マイプレイス)へご相談ください‼↓click↓

住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却をするときに必要な仲介手数料について   記事一覧   不動産におけるリノベーションの意味やメリットを知ろう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


土生町二丁目 中古戸建

土生町二丁目 中古戸建の画像

価格
2,980万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府岸和田市土生町2丁目
交通
東岸和田駅
徒歩10分

西取石7丁目 戸建て

西取石7丁目 戸建ての画像

価格
2,280万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府高石市西取石7丁目
交通
北信太駅
徒歩9分

葛の葉町2丁目 戸建

葛の葉町2丁目 戸建の画像

価格
2,380万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府和泉市葛の葉町2丁目
交通
北信太駅
徒歩5分

鳳中町 戸建て

鳳中町 戸建ての画像

価格
3,800万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府堺市西区鳳中町5丁
交通
鳳駅
徒歩5分

トップへ戻る