堺市の不動産|MYplace株式会社 > MYplace株式会社のスタッフブログ記事一覧 > セットバックが必要な土地の条件とは?購入前に知っておきたい注意点も解説

セットバックが必要な土地の条件とは?購入前に知っておきたい注意点も解説

≪ 前へ|中古マンションの低層階と高層階それぞれの特徴や価格を解説!   記事一覧   外国人でも不動産売却できる?必要書類やかかる税金を解説!|次へ ≫
カテゴリ:◇購入のこと◇

セットバックが必要な土地の条件とは?購入前に知っておきたい注意点も解説

土地をお探しの際に、広告などで「セットバック」や「SB」という言葉を見たことがある方もいらっしゃると思います。
セットバックが必要な土地は敷地が狭くなりますが、相場よりも安く購入できる可能性があるので、希望条件を満たす場合は候補に入れてみてはいかがでしょうか。
そこで今回は不動産の購入をご検討中の方に向けて、セットバックが必要な土地とはどのようなものなのか解説いたします。

MYplace株式会社への問い合わせはこちら


セットバックが必要な土地とは

セットバックとは、建築基準法上の「接道義務」を満たすために、敷地を後退させることです。
建築基準法では、原則として幅員4m以上の道を正式な道路とし、敷地は道路に2m以上接することとしています。
これを接道義務といい、満たさない場合は建物を建てることができません。
建築許可を得るためには、道路の境界線を後退させ、幅員4m以上の「道路」を確保する必要があるのです。

▼この記事も読まれています
ヴィンテージマンションとは?その魅力をご紹介

セットバックが必要な土地の条件とは

セットバックが必要な土地の条件は、以下のとおりです。

条件①:道路をはさんで反対側に敷地があるが前面道路の幅員が足りない

たとえば前面道路の幅員が3mの場合は、土地から1m分を道路として提供しなければなりません。
道路をはさんで反対側に敷地がある場合は、道路の中心線から2mの位置までセットバックが必要なので、50cm敷地を後退させれば、規定を満たすことができます。
ただし対岸の敷地がすでにセットバックをおこなっている場合は中心線の位置がずれるので、事前に確認しましょう。

条件②:道路をはさんで反対側が川や崖などの場合

道路をはさんで反対側に川や崖など敷地がない場合は、自身の土地のみで幅員を4m確保する必要があります。
前面道路の幅員が3mの場合は、自分の土地から1m提供しなければなりません。

▼この記事も読まれています
表札のおすすめ設置場所とは?表札の種類や設置する上での注意点をご紹介

セットバックが必要な土地を購入する際の注意点

セットバックをおこなう際は、以下のような注意点に気を付けましょう。

注意点①:工事費用がかかる場合がある

セットバックをおこなう場合、測量や舗装などの費用が必要です。
目安は25~60万円程度で、土地の形状によっては追加費用が生じる可能性もあります。
自治体が費用を負担することもありますが、買主が費用を負担するケースが多いので注意しましょう。

注意点②:利用制限がある

セットバックには、道路の幅員を確保して、災害時の避難や消防車両の通行をスムーズにおこなう目的があります。
したがって、セットバックの部分は道路として提供しなければならず、門や擁壁などを設置できない点にも注意が必要です。

注意点③:固定資産税の非課税申請をおこなう

土地には固定資産税や都市計画税がかかりますが、セットバックをした部分は非課税にできます。
ただし、非課税の申請をおこなわないと課税対象とされてしまうので、忘れずに手続きをおこないましょう。

▼この記事も読まれています
不動産の個人売買は可能?メリット・デメリットを解説

まとめ

セットバックが必要な場合は25~60万円程度の費用が必要になり、土地の形状によっては追加費用が必要な場合があります。
またセットバックをした部分は非課税申請をおこなうことができますので必要な手続きについて事前に確認しておくことがおすすめです。
私たちMYplace株式会社は、堺市西区の不動産を数多く取り扱っております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。


堺市西区でマンション購入を検討されている方はコチラ✨↓


堺市西区で戸建購入を検討されている方はコチラ✨↓


堺市西区で土地購入を検討されている方はコチラ✨↓


〇家を売るときはMYplace(マイプレイス)へご相談ください‼↓click↓

弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

MYplace株式会社への問い合わせはこちら


MYplace株式会社の写真

MYplace株式会社 メディア編集部

堺市西区での売買・賃貸物件探しや不動産売却は、MYplace株式会社にお任せください。弊社では、築15年以内のファミリー向けマンションを中心に、様々な不動産情報を取り扱っております。ブログでは不動産情報を中心にご紹介します。


≪ 前へ|中古マンションの低層階と高層階それぞれの特徴や価格を解説!   記事一覧   外国人でも不動産売却できる?必要書類やかかる税金を解説!|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


土生町二丁目 中古戸建

土生町二丁目 中古戸建の画像

価格
2,980万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府岸和田市土生町2丁目
交通
東岸和田駅
徒歩10分

ユニハイム鳳ソレイユ

ユニハイム鳳ソレイユの画像

価格
3,480万円
種別
中古マンション
住所
大阪府堺市西区鶴田町16-3
交通
津久野駅
徒歩5分

浜寺元町5丁 中古戸建

浜寺元町5丁 中古戸建の画像

価格
3,480万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府堺市西区浜寺元町5丁
交通
浜寺公園駅
徒歩8分

西取石7丁目 戸建て

西取石7丁目 戸建ての画像

価格
2,280万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府高石市西取石7丁目
交通
北信太駅
徒歩9分

トップへ戻る