堺市の不動産|MYplace株式会社 > MYplace株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 空き家対策は家族信託がおすすめ!メリットをご紹介

空き家対策は家族信託がおすすめ!メリットをご紹介

≪ 前へ|ハウスメーカーで建てた家は売却しやすい?理由や重視されるポイントも解説   記事一覧   建売住宅が安いのはなぜ?低コスト化を実現できる3つの理由を解説!|次へ ≫
カテゴリ:◇税金・相続・空家◇

空き家対策は家族信託がおすすめ!メリットをご紹介

現在の住居を相続してくれる方がおらず、このままでは空き家になってしまうと危惧している方もいらっしゃるでしょう。
生前から空き家対策をおこなうのであれば、家族信託がおすすめです。
今回は、国内で空き家が生まれる原因や空き家対策におすすめな家族信託の制度、家族信託のメリットについてご紹介します。

MYplace株式会社へのお問い合わせはこちら


空き家が生まれる原因とは

現在、国内では少子高齢化や核家族化が進んでおり、高齢の両親と同居する方は多くありません。
そのため、高齢者しか住んでいない住宅が多く、その高齢者が亡くなったあとも住宅は相続放棄されるケースが増加しています。
また、高齢者が認知症になって施設に入る場合や、子世帯と同居する場合は子世帯側の住宅に引っ越すケースが多いです。
そうなると、もとの住宅の管理者がいなくなってしまうため、空き家となり荒廃していくようになります。
高齢者と同居する家族が少ない、住宅を相続しない方が増えているなどが原因で、国内の空き家が増加しているのです。

▼この記事も読まれています
空き家所有者は空き家を放置せず何らかの対策を!空き家放置のデメリット

空き家対策におすすめな家族信託の制度

家族信託の制度とは、財産の管理や処分を本人の意思で家族に委託する制度です。
両親を委託者、子を受託者として住宅の管理を依頼し、子の判断で住宅を処分できるようにします。
また、住宅を処分して発生した利益の受益者は委託者である両親となるケースが多いです。
ただし、家族信託は一種の契約であるため両親が認知症を発症し判断力が低下してしまうと利用できません。
家族信託を利用する場合は、両親が健康なうちに信頼できる家族に住宅を委託する形で制度を利用しましょう。
仮に認知症を発症してから家族信託を利用しようとしても、契約が無効になってしまうため注意が必要です。

▼この記事も読まれています
空き家を活用したい方必見!レンタルスペースの活用法や注意点を解説

家族信託で空き家対策をおこなうメリット

家族信託の委託者と受益者を両親にしておけば、不動産の管理や処分を子がおこなっても贈与税が発生しません。
これを自益信託と呼び、利益を受け取るのが受託者でなく委託者になるため贈与には当てはまらないのです。
また、空き家の処分自体は受託者となる子の判断でおこなえるため、委託者の意思を確認する必要はありません。
受託者の判断に不安がある場合は、事前に弁護士などを信託監督人として置くと良いです。
さらに、遺言では一世代あとまでしか財産承継を指定できませんが、家族信託であれば数世代先まで指定できるメリットがあります。
受託者は財産の管理を放棄できないため、空き家が放置されて管理者がいなくなるケースを予防できます。

▼この記事も読まれています
所有している空き家で火災が起きたらどうなる?トラブル対策とは?

まとめ

現在は高齢者と同居している家族が少なく、高齢者の住宅を相続する方も少ないため空き家が増加しています。
住宅が空き家として放置されるのを防ぎたい場合は、健康なうちに家族信託を利用するのがおすすめです。
高齢者が認知症になってしまうと家族信託を始められなくなるため注意しましょう。
堺市の不動産情報はMYplace(マイプレイス)株式会社にお任せください。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

ハウスメーカーで建てた家は売却しやすい?理由や重視されるポイントも解説

家の売却を検討しているときに気になるポイントのひとつが「売却のしやすさ」です。
ハウスメーカーで建てた家は売却しやすいといわれており、その理由などが気になる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、ハウスメーカーの特徴やハウスメーカーで建てた家が売却しやすいといわれる理由、売却時に重視されるポイントを解説します。

MYplace株式会社へのお問い合わせはこちら


家が売却しやすいとされるハウスメーカーとは?

そもそもハウスメーカーとは、建築資材の生産から設計、施工までを規格化し、全国各地で家を販売しているメーカーです。
ハウスメーカーが取り扱っている家は、注文住宅と規格住宅、建売住宅の3種に分類されます。
注文住宅は、設計から間取り、デザインなどすべてが購入者の好みに合わせて建てられる家です。
規格住宅は、おおよそ決められた間取りやデザインなどのなかから、購入者が自由に組み合わせを選べる家を指します。
建売住宅は、分譲住宅などハウスメーカーが設計して建てられた家を購入するスタイルです。

▼この記事も読まれています
不動産売却時に火災保険の解約はどうしたら良い?火災保険解約についてご紹介

ハウスメーカーで建てた家は売却しやすいといわれる理由とは?

ハウスメーカーで建てた家は売却しやすいといわれる理由の1つ目に挙げられるのが、技術力の高さです。
ハウスメーカーでは家の構造などの計算が緻密におこなわれ、性能の良い家が優れた技術で建てられています。
また、規格化された建築資材によって品質が安定している点もハウスメーカーの強みです。
2つ目の理由としては、流行や暮らしやすさを取り入れたデザイン性の高さが挙げられます。
ハウスメーカーに所属する専門デザイナーが設計・デザインを担当するため、生活動線や機能、流行を取り入れたデザインにできます。
3つ目の理由は、アフターメンテナンスが充実していることです。
ハウスメーカーで販売される家の多くが長期保証の対象となっていて、長い期間安心して暮らせる仕組みがあります。

▼この記事も読まれています
浸水想定区域にある家を売却する際の価格への影響やポイントをご紹介

ハウスメーカーで建てた家の売却時に重視されるポイントとは?

ハウスメーカーで建てた家を売却する際、構造・工法は重視されるポイントです。
木造か鉄骨構造か、鉄筋コンクリートかによって耐久年数が異なり、売却時の価格にも影響を与えます。
次に、メンテナンスの状態も重視されるポイントで、不具合などがしっかりと修繕されている家のほうが高値になりやすいです。
最後にリフォームの有無も重視され、メンテナンスで補えない水回りの設備などがきちんとリフォームされているかがチェックされます。

▼この記事も読まれています
二世帯住宅の売却について解説!二世帯住宅が売却しづらい理由や注意点とは

まとめ

ハウスメーカーで建てた家は、技術力やデザイン性の高さなどが強みとなり売却しやすいといわれています。
そんなハウスメーカーの家をさらに良い条件で売却するために、今回ご紹介した重視されるポイントも参考にしてみてください。
堺市の不動産情報はMYplace(マイプレイス)株式会社にお任せください。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。


堺市西区でマンション購入を検討されている方はコチラ✨↓


堺市西区で戸建購入を検討されている方はコチラ✨↓


堺市西区で土地購入を検討されている方はコチラ✨↓


〇家を売るときはMYplace(マイプレイス)へご相談ください‼↓click↓

MYplace株式会社へのお問い合わせはこちら


MYplace株式会社の写真

MYplace株式会社 メディア編集部

堺市西区での売買・賃貸物件探しや不動産売却は、MYplace株式会社にお任せください。弊社では、築15年以内のファミリー向けマンションを中心に、様々な不動産情報を取り扱っております。ブログでは不動産情報を中心にご紹介します。


≪ 前へ|ハウスメーカーで建てた家は売却しやすい?理由や重視されるポイントも解説   記事一覧   建売住宅が安いのはなぜ?低コスト化を実現できる3つの理由を解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


土生町二丁目 中古戸建

土生町二丁目 中古戸建の画像

価格
2,980万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府岸和田市土生町2丁目
交通
東岸和田駅
徒歩10分

西取石7丁目 戸建て

西取石7丁目 戸建ての画像

価格
2,280万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府高石市西取石7丁目
交通
北信太駅
徒歩9分

葛の葉町2丁目 戸建

葛の葉町2丁目 戸建の画像

価格
2,380万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府和泉市葛の葉町2丁目
交通
北信太駅
徒歩5分

鳳中町 戸建て

鳳中町 戸建ての画像

価格
3,800万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府堺市西区鳳中町5丁
交通
鳳駅
徒歩5分

トップへ戻る