堺市の不動産|MYplace株式会社 > MYplace株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 【2024年】不動産売却のパートナー!大手と地元の不動産会社の特徴をご紹介

【2024年】不動産売却のパートナー!大手と地元の不動産会社の特徴をご紹介

≪ 前へ|【2024年】不動産売却時の物件調査とは?種類別の調査内容や流れについて解説!   記事一覧   【2024年】任意売却のハンコ代!支払う相場やハンコ代が発生するケースを解説|次へ ≫
カテゴリ:◇売却のこと◇

不動産売却のパートナー!大手と地元の不動産会社の特徴をご紹介

不動産売却をするとき、売主の方をあらゆる面からサポートするパートナーが、不動産会社です。
不動産会社には、認知度の高い大手の会社と得意エリアを熟知した地元の会社があり、迷ったときにどのように選ぶかは重要なポイントです。
今回は、大手と地元の不動産会社のそれぞれの特徴と、不動産売却の依頼で迷ったときの選び方について解説します。

MYplace株式会社へのお問い合わせはこちら


地元以外の全国でも不動産売却!大手不動産会社の特徴

地元以外の全国でも不動産売却!大手不動産会社の特徴

不動産売却をする場合、専門家である不動産会社に依頼をして買主を探す、仲介による売却を選択されるケースが一般的です。
売却活動のパートナーとなるだけに、不動産会社の選び方は大切であり、会社の特徴を知って検討することがポイントになります。

大手の不動産会社とは?

大手の不動産会社は、幅広い事業展開をしているケースが多いことが特徴です。
不動産売却のほか、賃貸物件の仲介業務やリフォームなどの専門分野で業態を分けて、グループ企業の子会社を設けているケースも見られます。

特徴①認知度の高さ

大手の不動産会社の特徴のひとつが、認知度の高さです。
会社の認知度は、買主へのアプローチの点で、不動産売却にプラスの影響となる可能性があります。
広く認知されている会社は、当然ながら購入層も知っていることが多く、店舗に訪問した購入検討者にアプローチしやすくなるのです。
ただし、大手の不動産会社であっても、営業店は限られる場合があります。
必ずしも、不動産売却を考えている物件と近いエリアに、大手の営業店があるとは限りません。
そのような場合は、不動産売却する物件がある現地周辺の需要をよく理解しているかが、見極めるうえで重要です。

特徴②全国規模

大手の不動産会社の大きな特徴として、規模の大きさが挙げられます。
全国チェーンとして多店舗展開している大手不動産会社もあり、規模を活かして、集客は全国が対象です。
全国規模の展開をしている大手不動産会社では、業務のマニュアルや研修により、対応の水準が安定していることも特徴といえるでしょう。
広いエリアに顧客を多く抱えているため、不動産の購入検討者も多いと考えられます。
一方で、エリアを限定して物件を探している人は少ない傾向です。
そのため、地域特性を活かす必要がある物件より、立地が良く人気のあるエリアなど物件に適しているといえるかもしれません。

特徴③広告予算

規模の大きな大手不動産会社では、ネットワークの広さのほかに、広告予算が高い傾向にあることも特徴です。
不動産売却の活動の一環としておこなわれるWEB広告のほか、ケースによってチラシや雑誌広告なども広告宣伝が実施される場合もあります。
広範囲に物件の情報を公開し、不動産売却を進めたい場合には、大手の広告宣伝力が活かされます。

▼この記事も読まれています
不動産売却時に火災保険の解約はどうしたら良い?火災保険解約についてご紹介

大手にない地域密着が特徴!地元不動産会社の不動産売却

大手にない地域密着が特徴!地元不動産会社の不動産売却

大切な資産である不動産を売買する際には、販売力だけでなく、ケースに合わせた柔軟な対応力のあるパートナーがいると、安心して売却を進められます。
ここでは、地域に根付く地元の不動産会社の特徴や傾向について解説します。

地元の不動産会社とは?

地元の不動産会社の特徴は、地域に深く根付き、営業活動を展開していることです。
そのため、エリアごとの実情の把握に長けています。
ちなみに、不動産売却を依頼した際の仲介手数料については、大手の不動産会社と地元の不動産会社に違いはありません。

特徴①地域特性を活かした売却活動

地元の不動産会社は、エリアの情報や地域特性を熟知していることが大きな特徴です。
たとえば、小学校や中学校の学区はどのようになっているのか、地域住民から支持されている商業施設や、実績や評判の良い学習塾などの情報も把握していることが多いです。
このような地域特性は、不動産売却の活動のなかで活かせるエリア情報にもなり得ます。
得意エリアに根付いて、地域との親交も厚い地元の不動産会社は、独自の人脈を持っているケースも少なくありません。
エリアの実情を把握し、地域特性と独自の人脈を活かした販売戦略は、地元の不動産会社の特徴であり強みといえるでしょう。
広範囲から買主を募集することが得意な大手に対して、地元の不動産会社は、限定したエリアで購入物件を探している買主をみつけることに長けています。
地域に密着したネットワークを活かせる地元の不動産会社には、相続で取得した不動産や狭小地、築古の物件などの不動産売却も相談しやすいでしょう。
また、得意とする地域があり、全国対応はしていない地元の不動産会社も「レインズ」の閲覧は可能です。
レインズは、全国の売却物件の情報を閲覧できる不動産会社専用の情報システムです。
そのため、地元の不動産会社は展開規模が大きくなくても、情報量の面では大手との大差はないといえるでしょう。

特徴②柔軟性

大手の不動会社は、業務マニュアルなどが整備され、安定した対応水準を誇ります。
一方、地元の不動産会社は、マニュアルに縛られない対応力が特徴として挙げられます。
対応の柔軟性が高いため、不動産売却の相談に乗ってもらいやすいことがメリットです。

特徴③コミュニケーションのしやすさ

地元の不動産会社は、一度に進行している案件数が比較的少ないため、担当者と蜜なコミュニケーションや連携がとりやすい傾向にあります。
不動産売却は準備から売却まで、ある程度の期間を要するケースが一般的です。
コミュニケーションがしやすく、良好な関係性が築けると、売主の方にとってもさまざまな相談がしやすくなります。
安心して不動産売却を進めるうえで、コミュニケーションのとりやすさは大切なポイントです。

▼この記事も読まれています
浸水想定区域にある家を売却する際の価格への影響やポイントをご紹介

大手と地元の不動産会社!不動産売却で迷ったときの選び方

大手と地元の不動産会社!不動産売却で迷ったときの選び方

不動産会社は、それぞれに特徴やメリットがあるため、迷ったときの判断材料を知っておくことが大切です。
最後に、迷ったときに役立つ、不動産会社の選び方のポイントをご紹介します。

売却する不動産の実績が豊富である

不動産会社の選び方で迷ったとき、売り出したい不動産の売却実績が、良い判断の目安になります。
たとえば、一戸建て住宅を不動産売却する場合は、一戸建て住宅の売却実績の状況を確認しましょう。
売り出したい物件と条件の近い実績があるかも、ポイントです。
具体的には、築年数や面積などが類似する物件の取り扱い実績があると、検討しやすいです。
また、不動産会社によっては売買のほか、賃貸物件の仲介や不動産管理に注力しているケースもあります。
不動産売却の分野については、大手の不動産会社も、地元に密着する不動産会社も多く存在します。
迷ったときには、会社の規模で選ぶのではなく、売買に注力した会社のなかでも、売り出したい物件があるエリアの実績に着目するのがおすすめです。

査定の根拠が明確である

不動産売却の最初のステップが査定になります。
迷ったときには、査定の根拠を明確に説明してくれる会社を選ぶこともポイントです。
大手であっても、地元の不動産会社であっても、適正価格を算出するためには不動産の市況を見る力が重要です。
査定額は、売り出し価格を検討するうえでも重要なものになります。
査定額を算出した根拠が明確にある不動産会社は、信頼性が高いと考えることができるでしょう。

売却したい物件の立地で検討する

不動産売却は物件ごとの条件を考慮することが大切です。
大手の不動産会社と、地元の不動産会社で迷ったときには、売却したい物件の立地で選ぶ方法もあります。
たとえば、売り出したい物件が駅遠や郊外にある場合などは、地域特性を熟知し、地元のネットワークをもつ不動産会社に依頼するのがおすすめです。

▼この記事も読まれています
二世帯住宅の売却について解説!二世帯住宅が売却しづらい理由や注意点とは

まとめ

不動産売却を進めるうえで、不動産会社は売主の方にとってパートナーとなる存在です。
会社の規模で選ぶよりも、大手の不動産会社と、地元の不動産会社の両方の特徴を知って検討することが大切です。
とくに、立地の良くない物件を売り出したい場合などは、地域特性を活かせる不動産会社が心強いパートナーになります。



堺市西区でマンション購入を検討されている方はコチラ✨↓


堺市西区で戸建購入を検討されている方はコチラ✨↓


堺市西区で土地購入を検討されている方はコチラ✨↓


〇家を売るときはMYplace(マイプレイス)へご相談ください‼↓click↓

MYplace株式会社へのお問い合わせはこちら



≪ 前へ|【2024年】不動産売却時の物件調査とは?種類別の調査内容や流れについて解説!   記事一覧   【2024年】任意売却のハンコ代!支払う相場やハンコ代が発生するケースを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


浜寺元町5丁 中古戸建

浜寺元町5丁 中古戸建の画像

価格
3,480万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府堺市西区浜寺元町5丁
交通
浜寺公園駅
徒歩8分

ユニハイム鳳ソレイユ

ユニハイム鳳ソレイユの画像

価格
3,480万円
種別
中古マンション
住所
大阪府堺市西区鶴田町16-3
交通
津久野駅
徒歩5分

葛の葉町2丁目 戸建

葛の葉町2丁目 戸建の画像

価格
2,280万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府和泉市葛の葉町2丁目
交通
北信太駅
徒歩5分

取石1丁目 戸建て

取石1丁目 戸建ての画像

価格
1,480万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府高石市取石1丁目
交通
富木駅
徒歩3分

トップへ戻る